しあわせさがしのにっき

最高の幸せを探求しているブログですまだまだ探してる途中ですが一緒に幸せを見つけていきましょう

幸せの三大ホルモンのラストやる気のホルモンドーパミンとは?

ドーパミンについて



こんにちは、皆さんどうお過ごしでしょうか?

 

やる気でないなーとかなってませんか?

 

 

今日はそんな人に朗報

 

しあわせの三大ホルモンの

 

「やる気のホルモンドーパミン」についてです。

 

 

しあわせの三大ホルモンの

 

まずセロトニンについてはこちら

 

mayu0077.hatenablog.com

 

オキシトシンについてはこちら

 

mayu0077.hatenablog.com

 

なのでやっとですが

 

難しいこと書く気力が出たので

 

今日はドーパミンについてです

 

これでやっとしあわせの三大ホルモンコンプリートです。

 

 

 

ドーパミンをわかりやすく言うと

やる気と意欲です

 

楽しいとか、嬉しいとか感じるのがドーパミン

 

さらに集中力がアップして、仕事や勉強の効率が良くなる

 

そして自然とポジティブな考え方になるということです。

 

 

ドーパミンを増やす方法

小さな目標を達成していくこと

 

ドーパミンを増やすのにいいのは音楽と瞑想と

 

新しいことにチャレンジすることらしいです。

 

大きな目標を断てたらやる気を無くすというのは、こういうところから来てるんですね

 

大きい目標を小分けにして、さらに達成した都度ご褒美をあげる

 

なんかスマホゲームのミッションとかの

 

システムに似てますよねこういうの考えて作られているのかもしれないですね。

 

 

ドーパミンを増やす食べ物

カフェインと辛い料理とタンパク質らしいです

 

カフェインの方は言わずとしれたコーヒーとか

 

後激辛料理もドーパミンが増えるとのこと

 

 

あとタンパク質に含まれるアミノ酸ドーパミン生成にいいみたいで

 

でも牛肉や豚肉は健康のため多量摂取はしたくないものです

 

おすすめは大豆やアボカドあたりですね。

 

 

 

ドーパミンを出す運動

ジョギング、ウォーキングがオススメ

 

でも運動なら何でもよしで、運動習慣をつけるとドーパミンが出るとのこと

 

私も運動を毎日やってますが、やるとやる気がいきなり出始めたり

 

するのでそれがドーパミンなのかもしれません。

 

おすすめはアップテンポの音楽を聴きながら運動をすることです。

 

 

ドーパミンのデメリット

快楽=癖になるということが危険で

 

お酒、ギャンブル、SNSこれらもドーパミンが出るらしく

 

依存症のたぐいもこのドーパミンを求めてやるみたいで

 

もっと大きな刺激とエスカレートしたのが依存症なのです。

 

まずセロトニンオキシトシンを重視して考え

 

やる気しないなーって時にドーパミンの摂取を考える

 

これがベストだと思います。

 

 

 

まとめ

ドーパミン

 

ラーメン屋でお好みでいれる、唐辛子やこしょうやらだと思います。

 

「この味好きなんだけど少し飽きちゃったな、

 

この味になんか少し変化させて食べたいな」

 

と思った時にいれるものという感じですね。

 

上手くこのドーパミンというスパイスを上手く使って

 

幸せになっていきましょう。